美脚Blog

太ももの隙間は作ることが出来るの?出来ないの?

太ももの隙間は作ることが出来るの?出来ないの?
私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、脚の隙間についての内容をご紹介致します。

 

下半身痩せで悩まれている項目の1つに【脚の歪み】があります。

 

脚の歪みとは、O脚・X脚・XO脚が当てはまります。

 

脚の歪みのチェックでよく用いられるのが、脚の隙間です。

 

この脚の隙間が開いてしまっていることで、脚のラインがキレイに見せられなくて困っている女性が多いです。

 

脚の隙間は、正しい下半身痩せエクササイズを実践することで、着実に隙間を埋めることは可能です。

 

そのためにも、事前に脚の隙間についての知識を身に付けておく必要があります。

 

脚の隙間がつかないパターンがあります

脚の隙間の改善の前に、知っておかなければならないポイントがあります。

 

それは脚の隙間がつかないパターンも存在するということです。

 

脚の隙間がつかないパターンとして考えられるのが、

☑ 骨盤の横幅が広いため、脚の隙間がつかない

☑ 下半身の筋肉量が少ないため、脚の隙間がつかない

これらのパターンが考えられます。

 

このパターンの場合は、脚の隙間を無理矢理つけようとしますと、痛みや違和感が出てくる可能性がありますのでご注意下さい。

 

これらは、骨格・筋肉の問題でつかないパターンになります。

 

そのため、これらのパターンの場合は、脚の隙間は開いていても大丈夫です。

 

ただし、開いていてもいい隙間でもギリギリまで下半身痩せエクササイズで戻してあげることは可能です。

 

そこを目指して、脚の隙間の改善に取り組んでみて下さい。

 

そのために必要なポイントを下記にてお伝えします。

 

まずは、土台となる骨盤の歪みから改善する

脚の隙間が出来る原因は様々あります。

 

その中の1つに【骨盤の歪み】があります。

 

骨盤は、上半身と下半身を繋いでくれる大切な中間ポイントです。

 

骨盤から太ももはついていますので、もし骨盤が歪みますと、太ももの骨格もズレてしまう可能性が出てきます。

 

つまり、太ももの隙間がつかないと言って、ひたすら太もも周りのエクササイズを実践しましても、成果があまり出ない場合もあり得ます。

 

その時は、骨盤の歪みが関係している可能性が高いです。

 

そのためにも、骨盤の歪みを改善してから、脚の歪み改善のための下半身痩せエクササイズを実践することが大切です。

 

まとめ

脚の隙間を作る上で、骨盤の歪み改善は大切です。

 

そして、脚の隙間でも開いてしまうパターンがあるということも頭へ入れておきましょう。

 

これらを知っているだけでも、O脚・X脚・XO脚改善への取り組み方が大きく変わります。

 

ちなみに骨盤の歪みには、お腹周りの筋肉が関係しています。

 

そのためにも、お腹の筋肉を正しく使えるようにエクササイズで実践してあげましょう。

 

メルマガ登録バナー

体験レッスンバナー

====================

脚やせトレーナー 田中俊介

裏ももダイエット®専門
パーソナルトレーニングスタジオ

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102

 052-734-4302
====================

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop