美脚Blog

脚やせでダイエットをしても、脚やせ効果は元に戻りませんか?

脚やせでダイエットをしても、脚やせ効果は元に戻りませんか?
私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

今回は、脚やせ×ダイエットに関するご紹介です。

よくダイエットに関する質問で、このような内容を頂きます。

『ダイエットした後、元の体型に戻ったり、リバウンドしたりしませんか?』

 

 

脚やせに関しましても同じです、以前の脚のシルエットに戻りませんか?という質問を頂きます。

こちらに関します質問についてですが、元に戻る心配はございませんのでご安心下さい。※

※もちろん、すごく食事が偏ったり、運動不足が長く続きましたら元に戻ってしまいますのでご注意下さい。何事もバランスが大切です。

 

脚やせに関しましては、正しく脚やせ方法を実践する事で、成果を出す事は可能です。

特に、当スタジオの裏ももダイエットは、裏ももから脚やせを実現する日本初の脚やせメソッドになります。

 

実際、たくさんのお客様に成果を出して頂いておりまして、たくさんの嬉しいお声も頂きました。

 

このように、脚やせの成果が出る理由がちゃんとあります。

その理由の部分をしっかりと把握する事で、脚やせは可能です。

 

但し、理由の部分を知らずに脚やせにチャレンジしますと、思うような成果が全く出ません。

このような事が引き起こらないためにも、そして脚やせが成功してからも元の脚のシルエットに戻らないためにも、正しい脚やせを裏ももダイエットで実現しましょう。

ここでは、裏ももダイエットで脚のシルエットが元に戻らない点について、ご紹介させて頂きます。

 

9割の女性が使えていない裏もも

脚やせ ダイエット

当スタジオがご提案しております裏ももダイエットは、裏ももから脚やせを実現する脚やせメソッドになります。

裏ももと聞きますと、どこをイメージされますか?

 

裏ももとは、太ももの裏側の筋肉を指します。

特に裏ももの筋肉で大切なのは、お尻・内もも・裏ももの3つの筋肉になります。

 

この裏ももの筋肉が使えていない女性が本当に多いです。

裏ももの筋肉が使えませんと、裏ももの筋肉はどんどん衰えていきます。

 

その結果、お尻は下がってしまい、内ももの隙間はなくなります。

 

さらに、お尻と裏ももの境目もなくなってしまいますので、脚のシルエットは大幅に変わります。

裏ももが使えないという事は、他の筋肉が裏ももの筋肉の代わりとして働き過ぎてしまいます。

これも脚やせをする上で悪影響になります。

 

太もも表の使い過ぎは絶対にNG

脚やせ ダイエット

裏ももの筋肉は、脚やせをする上で必要な項目になります。

なぜここまで裏ももにこだわるのかと言いますと、ちゃんとした理由があります。

裏ももが使えなくなりますと、太もも表の筋肉をたくさん使い過ぎるようになってしまうからです。

 

太もも表の筋肉をたくさん使い過ぎるようになりますと、普段から歩く時、立ち姿勢、階段の上り下りでも使い過ぎてしまいます。

その結果、太もも表は筋肉太りを引き起こします。

 

これは脚を太くする原因の1つになります。

このような脚の状態のままでは、脚のシルエットは変わる事も出来ませんし、脚のシルエットをキープする事も困難になります。

そのためにも、裏ももの筋肉を正しく使えるようにしまして、太もも表の筋肉の使い過ぎ予防をしましょう。

 

裏ももの筋肉は脚やせのキープに必須

脚やせ ダイエット

脚やせをする上で、裏ももの筋肉は必須項目です。

まずは、太もも表の使い過ぎを予防するためです。

脚で悩まれている方のほとんどは、脚の筋肉太りで悩まれております。

 

そのため、使い過ぎてしまっております太もも表の筋肉を使い過ぎないようにしてあげる事が必要です。

使い過ぎ予防のためにも、裏ももの3つの筋肉は必要です。

これらの筋肉が正しく使えるようになる事で、太もも表の使い過ぎは減ってきます。

 

その結果、太もも表の過剰な筋肉は少しずつ減っていきます。

つまり、脚やせに繋がるという事です。

 

逆に裏ももを使えないままにしますと、太もも表はさらに太くなります。

そのような事が引き起こらないためにも、裏ももの筋肉は必要です。

裏ももの筋肉が正しく使えるようにしておく事で、脚やせはしっかりとキープ出来ます。

 

身体の中で一番筋肉量が多いのは太もも

脚やせ ダイエット

人間の身体の中で一番筋肉量が多いのは【太もも表】です。

身体の中で一番筋肉量が多いですので、ダイエット効果・脂肪燃焼効果を出す際に必要になります。

 

但し、ほとんどの方は太もも表を使い過ぎてしまう傾向が多いです。

つまり、太もも表と裏のバランスが非常に悪いという事です。

正しく太もも表の筋肉を使えておりましたら大丈夫です。

 

逆に正しく使えておりませんでしたら、絶対にNGです。

太もも表と裏の力の割合ですが、6:4、または7:3が理想になります。

こちらは筋肉の大きさの関係上、完全な均等には出来ません。

 

しかし、均等に近づける事は可能です。

ほとんどの方は、太もも表と裏の割合が9:1になっております。

これでは完全な太ももの使い過ぎになってしまいます。

 

このように太ももにも筋肉量のバランスがあります。

ここをしっかりと踏まえまして、裏ももを正しく使えるようにしてあげましょう。

裏ももが正しく使えるようになる事で、脚やせをキープしたまま、ダイエット・脂肪燃焼効果をしっかりと出し続ける事が可能です。

 

脚やせキープで大切な普段からの意識

脚やせ ダイエット

脚やせをする上で、筋肉を正しく使えるようにしてあげる事は必須です。

正しく筋肉を使う方法は、エクササイズを実践していく事で着実に出来ます。

 

但し、たくさんエクササイズを行っていても成果が出ないという方が意外に多いです。

これにはちゃんとした理由があります。

それは【日常生活動作に合わせた筋肉の使い方の練習をしていない】からです。

 

例えば・・・

・歩く時の脚の使い方は大丈夫ですか?

・歩く際、太もも表を使い過ぎずに裏ももを正しく使えていますか?

・正しく足裏の着地は出来ますか?

・正しい姿勢を保ったまま、歩く事は出来ますか?

実はこのように日常生活動作に合わせて、エクササイズを行っていない方が多いんです。

 

だから成果がなかなか出ないという事が引き起こってきます。

 

私が正しくエクササイズを行いましょうとお伝えしているのは、この部分になります。

正しくエクササイズを実践しながらも、日常生活動作に合わせたエクササイズも一緒に実践する事が必要です。

ここをしっかりと実践し続ける事で、脚やせという成果は出す事が出来ます。

 

そして、脚やせという嬉しい成果を出しましたら、その脚のシルエットをキープする事が出来ます。

脚やせで大切な事は、正しい脚やせエクササイズを実践する事です。

これが脚やせをキープする秘訣にも繋がります。

 

まとめ

脚やせをするために必要な項目、脚やせをしてからシルエットをキープするために必要な項目、全て理由が存在します。

これらの理由をしっかりと踏まえて、脚やせエクササイズを実践する事で成果は出てきます。

 

そして、脚やせに成功したシルエットをキープする事が出来ます。

もしここで、間違った方法を実践してしまったり、過剰な食事をしてしまったりしますと、脚のシルエットは元に戻ってしまいます。

 

そのような事が引き起こらないためにも、正しい脚やせエクササイズを方法をしっかりと習得してあげる事が大切です。

脚やせで大切なのは【質×量】です。

 

どうしてもほとんどの方が量に偏ってしまいます。

たくさんの量を実践される事は大切ですが、脚やせで同時に質も必要になります。

ここをしっかりとクリアしましたら、脚やせはキープし続けられます。

それを一緒に裏ももダイエットで実現しましょう。

 

====================
パーソナルトレーナー
脚やせトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop