美脚Blog

脚やせが名古屋で出来る秘密は、下半身ダイエット専門だからです。

脚やせが名古屋で出来る秘密は、下半身ダイエット専門だからです。
私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて今回の内容は、名古屋で脚やせが出来る秘密、裏ももダイエットについてご紹介します。

当スタジオの専門分野は、下半身ダイエット専門の裏ももダイエットです。

こちらは、日本初となる脚やせメソッドになります。

 

その名の通り、裏ももから脚やせを実現する脚やせメソッドになります。

裏ももを使えていない女性の方は、本当に多いです。

 

裏ももが使えないと様々な悪影響が出てきます。

その悪影響が出てしまう事で、脚やせがうまく出来なかったり、逆に脚が太くなってしまうという結果に繋がってしまいます。

 

そこで裏ももダイエットで、しっかりと改善をしてあげます。

裏ももが使えないと何がいけないのか、それを下記へまとめさせて頂きます。

 

裏ももの筋肉が使えないと脚やせは出来ない

脚やせ 名古屋

脚やせをする上で、裏ももは欠かす事が出来ない項目です。

裏ももに当てはまる筋肉は、お尻・内もも・裏ももになります。

これらの筋肉が使えていない女性は本当に多いです。

 

実際、上記にあげた筋肉は緩くなってしまいまして、掴めるようになってしまうので悩みの種の1つになります。

それだけ裏ももの筋肉が使えていない証拠でもあります。

裏ももの筋肉は、脚やせをする上で絶対に欠かせません。

まずはしっかりと使えるようにエクササイズを実践してあげましょう。

 

裏ももが使えないと太もも表しか使えなくなる

脚やせ 名古屋

先程、裏ももを使う事の大切さをお伝えしました。

なぜそこまで裏ももが大切かと言いますと、裏ももが使えなくなる事で、裏もも以外の筋肉を使い過ぎてしまうからです。

 

その代表的な筋肉が、太もも表の筋肉になります。脚の太さで気になる部分と言いましたら、太もも表になります。

太もも表が気になる理由はシンプルです、それは太もも表の使い過ぎです。

筋肉は使う事で発達してきます。

 

つまり、使い過ぎてしまえば筋肉は太くなってしまいます。

太くなりますと、見た目も太く見えるようになってしまいます。

そのためにも、裏ももを使えるようにしまして、太もも表の使い過ぎを予防してあげましょう。

 

裏ももが使えなくなる事で関節の歪みに繋がる

脚やせ 名古屋

裏ももの筋肉であげましたお尻・内もも・裏ももの筋肉。

これらの筋肉は、関節を綺麗な位置へ安定させる働きの作用も持っています。

 

つまり、裏ももの筋肉が弱くなってしまいますと、関節の歪みに大きく繋がってきます。

関節の歪みは、脚やせにとって大きな敵になります。

 

なぜなら、関節が歪む事で、骨の配列も大きく崩れてしまいます。

骨の配列が崩れますと、筋肉へも正しく刺激を入れる事が出来なくなります。

正しく刺激が入らなくなりますと、裏もも以外の筋肉になる太もも表の筋肉を使い過ぎてしまうようになります。

 

だからこそ、関節の歪みはしっかりと改善してあげる必要があります。

ちなみに関節の歪みは、O脚・X脚・XO脚の歪みにも繋がります。

脚の歪みは、脚のシルエット変化にも繋がります。

関節・脚の歪みを改善するためにも、裏ももは大切になります。

 

裏ももが使えないとむくみに繋がる

脚やせ 名古屋

裏ももが使えなくなる事で引き起こる悪影響はたくさんあります。

その中の1つに、むくみがあります。

これは血行不良が原因で引き起こる事が多くなります。

 

なぜ、裏ももが使えなくなる事でむくみに繋がるかと言いますと、関節の歪みが大きく関係してきます。

関節の歪みが引き起こりますと、血行不良が発生します。

関節の周りには、血液・リンパなどの流れがたくさんあります。

 

つまり、関節が歪みますと、これらの流れが非常に悪くなります。

流れが悪くなった結果、流れは滞りまして、むくみという症状に繋がります。

このような事が引き起こらないためにも、裏ももを使えるようにしまして、血行の流れを良くしてあげましょう。

 

まとめ

裏ももが使えなくなる事で、たくさんの悪影響が出てきます。

本当に女性の皆さんの脚の悩みの項目で、出てくる内容ばかりになります。

これらは全て、裏ももが使えなくなる事で引き起こってきます。

 

そのような事が引き起こらないためにも、しっかりと裏ももを使えるようにしてあげましょう。

そのためにも、お尻・裏もも・内ももを使えるようにエクササイズを実践してあげる必要があります。

 

さらにここで大切なポイントがあります。

それは、お尻・裏もも・内ももの筋肉を使えるようにしましたら、日常生活でも使えるようにしてあげる事が大切になります。

 

ほとんどの方は、お尻・裏もも・内ももが使えるようになった所で終了してしまいます。

それでは脚やせはしっかりと出来ません。

 

脚やせをするためにも日常生活でも使えるように、エクササイズを工夫する必要があります。

このように脚やせには細かく意識するべきポイントがあります。

これらのポイントをしっかりと意識出来るようにするためにも、裏ももを使えるようにしましょう。

裏ももが使えるようになりましたら、下半身ダイエットを成功を実現出来ます。

 

====================
パーソナルトレーナー
脚やせトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop