美脚Blog

脚やせのために産後のガードルを骨盤周りに巻くことは効果的ですか?

脚やせのために産後のガードルを骨盤周りに巻くことは効果的ですか?
私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて今回の内容は、産後の方の脚やせについてです。

産後の方で一番多いのは、骨盤周りへのガードルを巻く利用になります。

 

私は産後のガードル利用は有りだと考えております。

なぜなら、産後はまだ運動が出来ない期間があります。

おまけに子育てがありますと、なかなかご自身の運動をする時間を確保するのも難しいです。

そのような事を考慮しますと、産後のガードル利用は非常に効果的です。

 

ただし、産後半年以上過ぎてからも使う場合は別になってきます。

半年以上経ってきましたら、少しずつ身体を動かせるようにもなります。

簡単な運動の時間を作る事も可能になってきます。

 

『産後に体型が大きく変わってしまいました』

という女性のお客様のお声をよく聞きます。

 

この理由はシンプルでして、妊娠しますと身体は出産に備えまして、大きく変わります。

身体が大きく変わりましたら、出産というすごく大切な瞬間と向き合います。

出産後は以前の身体へ戻ります。

 

しかし、以前と同じようには完全に戻りません。

それは、少ししか以前の身体に戻りません。

 

これは妊娠期間に身体が変わった事で、その状態に適応してしまったからです。

産後の体型を戻すためには、しっかりと身体を元の状態に戻してあげる必要があります。

 

そこで産後半年以上経ちましても、ガードルを利用しておりますと、身体はどんどん今の状態に適応しようとしてしまいます。

そうしますと以前の体型に戻りにくくなってしまいます。

 

そのためにも、ガードルの利用は期間を決めてあげる事がオススメです。

これはガードルを使う事がNGという意味ではありません。

いつまでも使っていますと、身体は産後体型のままをキープしてしまいます。

 

つまり、妊娠前よりも体型が変わった状態が普通になってしまいます。

このような事が引き起こらないためにも、途中でガードルから卒業が出来る身体作りを行ってあげる必要があります。

そのためにも正しく筋肉を使えるようにしてあげましょう。

 

ガードルの代わりになる骨盤・お腹周りの筋肉

産後 ガードル

ガードルの代わりになる骨盤・お腹周りの筋肉、産後は本当に弱くなります。

弱くなったまま、放置しておきますと元に戻りにくくもなります。

そのためにも、しっかりと骨盤・お腹周りの筋肉を使えるようにしてあげましょう。

 

特に、皆さんは骨盤・お腹周りの筋肉が極端に弱くなります。

極端に弱くなる理由は、インナーマッスルが関係しております。

インナーマッスルが弱くなる事でウエスト周りは太くなります。

 

インナーマッスルが弱くなる事で、特に引き起こる症状は腰痛、姿勢の歪みになります。

見た目の悩みで多いのは、ウエスト・ヒップ周りの太さになります。

これらはインナーマッスルの緩みから引き起こります。

 

インナーマッスルが緩んだままですと、ガードルの代わりをしてくれません。

その結果、いつまでもガードルを必要としてしまいます。

ここから卒業するためにも、骨盤・お腹周りのエクササイズは重要です。

 

骨盤を締める筋肉が弱くなる

産後 ガードル

産後に骨盤が大きく広がってしまうのには理由があります。

それは、出産時に骨盤の筋肉は裂けるからです。

筋肉は裂けてからも修復はします。

 

しかし、以前のような状態までは修復は出来ません。

以前のように修復するためには、骨盤の筋肉をしっかりと使って引き締めてあげり必要があります。

 

骨盤とお腹の筋肉は違います、腹筋をたくさん行いましても、骨盤は引き締まりませんのでご注意下さい。

骨盤を引き締めるためには、肛門を締める意識を持ってあげる必要があります。

肛門を締める意識を持つ事で、骨盤の筋肉はしっかりと刺激が入ります。

 

ここの筋肉は、産後一番緩くなりますので、しっかりと刺激を与えてあげましょう。

 

まとめ

産後のガードルから卒業するためには、確実にお腹・骨盤周りの筋肉をしっかりと使ってあげる必要があります。

ここを使えないまま、年数を重ねてしまいますと体型は一緒のままになります。

一緒の体型を変えるためにも、しっかりとお腹・骨盤周りの筋肉をエクササイズで刺激を与えてあげる必要があります。

 

モデルさんで産後6ヶ月で雑誌の表紙を飾られる事もあります。

これは出産前からしっかりとお腹・骨盤の筋肉のエクササイズを実践されていた可能性が高いです。

しっかりと実践してあげる事で、産後の運動でもすぐに筋肉へ意識を持つ事が出来ます。

 

その結果、しっかりと刺激が入りまして、以前と同じような体型へ戻す事が可能です。

産後のガードルから卒業するためにも、お腹・骨盤周りの筋肉をしっかりと使えるようにエクササイズを実践してあげましょう。

 

まずはお腹の筋肉の正しい使い方からで大丈夫です。

お腹の使い方は今後の腰痛・姿勢の歪み予防にも繋がります。

 

しっかりと使えるようにしましょう。

正しくお腹を使うためにも、まずは第1歩を踏み出しましょう。

 
====================
パーソナルトレーナー
脚やせトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop