美脚Blog

脚やせのダイエット効果を出す上で筋肉太りは敵です

脚やせのダイエット効果を出す上で筋肉太りは敵です
私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて、今回の内容は脚やせ効果を出す上で、絶対にやってはいけない項目についてです。

脚やせ効果を出す上で絶対にやってはいけないこと、それは脚の筋肉太りです。

脚の筋肉太りが引き起こりますと、脚は太くなります。

具体的にどのように脚が太くなるのか、どんな悩みが出てくるのかをご説明します。

 

一番嫌いな太ももの表・外が盛り上がりやすくなる

脚やせ ダイエット

脚の筋肉太りが引き起こりますと、太もも表・外の盛り上がりがすごく気になるようになります。

細いパンツを履いた際に、太もも横が出っ張っている状態になったことはありませんか?

これは確実に、脚の筋肉太りが引き起こっている状態になります。

このままでは細いパンツを履く際、常に外の出っ張りが気になるようになってしまいます。

これでは脚やせダイエットの効果を出すことが出来ません。

 

パンツを履く時の悩みの種、太ももの横幅が広くなる

脚やせ ダイエット

脚の筋肉太りが引き起こりますと、シンプルに脚の筋肉量が増えてしまいます。

脚の筋肉量が増えますと、必然的に太もも周囲の数値が増えます。

その結果、太ももの横幅が広くなってしまい、細いパンツがより履きにくくなってしまいます。

 

筋肉量はある程度必要ですが、過剰に多い場合は減らすことも大切です。

適度な筋肉量の脚にすることで、脚やせダイエットの効果が出しやすくなります。

筋肉量は多すぎても少なすぎてもいけません。

 

細いパンツが履けなく一番の理由、ウエストと太もものサイズが合わなくなる

脚やせ ダイエット

脚の筋肉太りが引き起こりますと、ウエストと太もものサイズが合わなくなります。

これはパンツを試着する際、非常に痛感する現象になります。

パンツを履いた時に、太ももでパンツが詰まってしまいました。

 

そうすると、必然的にウエストが大きいパンツに変更しないといけません。

これではウエストがブカブカになってしまい、パンツを綺麗に履けません。

このようなことを防ぐためにも、脚やせダイエットでしっかりと太もも・ウエストのバランスを均等にする効果を出す必要があります。

 

脚が出せなくなる一番の原因、脚のラインが崩れてくる

脚やせ ダイエット

脚の筋肉太りは、脚のラインを大きく崩す原因になります。

脚のラインは綺麗に真っ直ぐになるのが理想です。

 

しかし、脚の筋肉太りの影響で、脚のシルエットが変わりますと、脚のラインも崩れます。

その結果、O脚、X脚、XО脚などの脚の歪みに繋がります。

脚の歪みは、さまざまな悪影響を引き起こす原因になります。

そのため、脚やせダイエットの効果が出しにくくなります。

 

エクササイズの質にも関わる、脚の柔軟性の低下

脚やせ ダイエット

脚の柔軟性と脚やせは、関係がないように見えます。

しかし、柔軟性と脚やせは、非常に密接な関係性があります。

 

下半身の柔軟性は、骨盤・股関節・膝関節・足関節の動きに大きく関係します。

柔軟性が低下しますと、これらの関節の動きが悪くなります。

動きが悪くなりますと、脚の歪みに大きく繋がってきます。

 

脚の歪みに繋がれば、脚やせダイエットの効果も出しにくくなります。

そうなりますと、たくさんエクササイズを行いましても、脚やせダイエットの効果を得られません。

そのためにも、脚の柔軟性向上は必須です。

 

脚の筋肉が正しく使えなくなる

脚やせ ダイエット

先程の脚の柔軟性に関係しますが、柔軟性の低下は関節の動きを悪くします。

関節の動きが悪くなりますと、必然的に下半身の筋肉も正しく使えなくなります。

 

特に使えなくなる筋肉は、お腹・お尻・内もも・裏ももの筋肉の4つになります。

これらの筋肉が正しく使えなくなりますと、必然的にこれらの筋肉はたるんできます。

つまり、下腹のたるみ、お尻のたるみ、内もものたるみ、お尻と裏もものたるみに繋がります。

正しく筋肉が使えなくなりますと、脚やせダイエットの効果も出にくくなります。

 

一部の脚の筋肉だけを使い過ぎるようになる

脚やせ ダイエット

脚やせをする上で筋肉太りが引き起こっている場合は、太もも表・外だけを使い過ぎています。

もう一度言います、太もも表・外だけを使い過ぎてしまいます。

 

この状態のまま、スクワットなどの下半身エクササイズを行いますと、どうなると思いますか?

太もも表・外だけをガンガン使い過ぎてしまいます。

その結果、脚の筋肉太りに大きく貢献してしまいます。

脚の筋肉太りに繋がることで、脚やせダイエットの効果が出なくなります。

 

まとめ

このように脚の筋肉太りは、様々な引き起こす原因や引き起こさない方が良い理由が存在します。

脚の筋肉太りは、本当に脚やせダイエットで効果を出そうとしている女性の皆さんにとって一番の敵です。

しかし、ほとんどの女性の皆さんは脚の筋肉太りで悩まれています。

 

これはなぜでしょうか?

実はこれにもちゃんとした理由があります。

それは、ご自身の身体の正しい使い方を知らないからです。

 

身体の正しい使い方というのは、

正しい関節の動かし方、正しい筋肉の使い方、正しいたち方、正しい歩き方

などの事を指します。

つまり、普段さりげなく行っている日常生活の動作になります。

 

日常生活の動作で悪い癖がついてしまいますと、脚の筋肉は使いやすい筋肉だけを使ってしまいます。

その中でも一番使いやすい筋肉は、太もも表・外の筋肉になります。

日常生活の動作で太もも表・外の筋肉を使い過ぎましたら、筋肉はどんどん発達してしまいます。

つまり、立派な太ももの筋肉が完成します。

 

このように脚の筋肉太りを引き起こさないためにも、正しい関節の使い方・正しい筋肉の使い方はしっかりとマスターしてあげないといけません。

裏ももダイエットでは、正しい関節の使い方・正しい筋肉の使い方をメインにご案内しております。

すごくきついエクササイズをたくさん行うのではなく、正しい関節・筋肉の使い方をエクササイズを通じて、しっかりと感じて頂きます。

 

裏ももダイエットのエクササイズを実践していきますと、

『あっ、今ここの筋肉にしっかりと力が入っている!』

『ここの筋肉はこうやって意識を持って使うんだ!』

このような正しい感覚を身体へ覚える練習を繰り返し実践していきます。

脚の筋肉太りを引き起こさないためにも、正しい身体の使い方をぜひ知ってあげましょう。

それが脚やせダイエットの効果に一番繋がります。

 

====================
脚やせトレーナー
パーソナルトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング
【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop