美脚Blog

裏ももダイエット/ 美脚Blog/ └ふくらはぎ痩せ/ ふくらはぎ痩せのために、つま先立ちばかりしてませんか?

ふくらはぎ痩せのために、つま先立ちばかりしてませんか?

ふくらはぎ痩せのために、つま先立ちばかりしてませんか?

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、ふくらはぎ痩せについての内容をご紹介致します。

 

この時期になりまして、ふくらはぎ痩せに関するご相談が増えてきました。

☑ ふくらはぎのむくみが解消出来ません

☑ ふくらはぎのシルエットの偏りを何とかしたいです

☑ ふくらはぎの歪みを改善したいです

☑ 足元の冷えを改善したいです

☑ ヒールを履いていると足元が痛くなるんです

などなど、様々なふくらはぎ痩せに関するご相談を頂きます。

 

ちなみにあなたは、ふくらはぎ痩せをする上で、下記のような事を実践されたことはありませんか?

 

◆つま先立ち姿勢を多く実践する

 

ふくらはぎ痩せをしたい方のほとんどが、こちらの内容を実践していました。

 

実はつま先立ちですが、ふくらはぎを太くしてしまう要素を持っていますので、オススメではありません。

 

ちなみに、正しい方法でつま先立ちを実践しましたら、実践して頂いても大丈夫です。

 

それらの理由は下記のようになります。

 

つま先立ちのために必要な足首の安定化

ふくらはぎ痩せのために、つま先立ちを実践された方々は、ふくらはぎの筋肉太りを引き起こしやすくなります。

 

これでは、ふくらはぎ痩せの効果とは真逆の成果になってしまいます。

 

このようなことが引き起こる原因の1つに【足首が不安定である】という点があります。

 

足首に様々な動きがありますが、その中に足首の外捻じり(内反)・内捻じり(外反)という動きがあります。少し文字がややこしくなってしまい申し訳ありません(笑)

 

足首が不安定なままでは、つま先立ちを実践しますと、正しく足指に体重を乗せることが出来ません。

 

その結果、ふくらはぎの内側 or 外側の筋肉のどちらかを過剰に使い過ぎてしまう傾向があります。

 

その結果、ふくらはぎの筋肉太りに繋がります。

 

足首の安定化に必要な筋肉とは?

足首の安定化に必要な筋肉は様々あります。

 

その中の1つにヒフク筋と呼ばれるふくらはぎの代表的な筋肉があります。

 

この筋肉も必要な筋肉になりますが、ほとんどの方がヒフク筋を過剰に使い過ぎていることが多いです。

 

つまり、それ以外の筋肉を鍛えてあげる必要があります。

 

その筋肉の中に【腓骨筋(ひこつきん)】【後脛骨筋(こうけいこつきん)】【ヒラメ筋】などと呼ばれる、足首の安定化に必要な筋肉があります。

 

足首の安定化のためにも、上記の筋肉を正しく使えるようにする必要があります。

 

まとめ

ふくらはぎ痩せのために実践していた【つま先立ち】

 

これは間違った方法を実践しますと、ふくらはぎの筋肉太りへと繋がってしまいます。

 

そのためにも、上記にあげました【腓骨筋(ひこつきん)】【後脛骨筋(こうけいこつきん)】【ヒラメ筋】などの筋肉を鍛えることが必要です。

 

このようなふくらはぎ痩せのメカニズムを4月に開催されます東京での講座でもご紹介させて頂きます。

 

関東在住の方は、必見の講座です!

メルマガ登録バナー

お問い合わせバナー②

====================

脚やせトレーナー 田中俊介

裏ももダイエット®専門
パーソナルトレーニングスタジオ

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102

 052-734-4302
====================

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop