美脚Blog

裏ももダイエット/ 美脚Blog/ ▼脚やせ/ 下半身痩せをしたい方へ、スクワットはしないで下さい!

下半身痩せをしたい方へ、スクワットはしないで下さい!

下半身痩せをしたい方へ、スクワットはしないで下さい!

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、下半身痩せとスクワットの関係について、ご紹介致します。

 

最初にお伝え致します。下半身痩せをしたい方は、スクワットはしないで下さい。

 

スクワットを行いますと、下半身は今よりもサイズアップしてしまう可能性があります。

 

つまり、下半身痩せではなく、下半身太りを引き起こす大きな原因になります。

 

これでは下半身痩せをしたい方にとって、本末転倒です。

 

なぜ下半身痩せをするのに、スクワットはしない方が良いのか?

 

その理由を下記へまとめました。

 

正しいフォームでスクワットが出来ていない

下半身痩せをしたい方の9割は、ここが落とし穴になっています。

 

それは【スクワットのフォームが崩れている】という点です。

 

スクワットはフォームが大切になります。

 

もしスクワットのフォームが崩れますと、

☑ 過剰に負担をかけてしまう関節が出てくる(腰・膝など)

☑ 過剰に一部の筋肉ばかりを使い過ぎてしまう(筋肉太り)

☑ 過剰な負担をかけ続けた結果、痛みに繋がる(腰痛・膝痛など)

このような悪影響が出てきます。

 

いかにスクワットをやる上で、フォームが大切なのかが分かります。

 

下半身痩せのためにも、スクワットのフォームは大きなポイントになります。

 

正しいフォームとは、綺麗な姿勢のこと

正しいフォームでスクワットを行うことが大切とお伝えしました。

 

正しいフォームとは【綺麗な姿勢】のことを指します。

 

スクワットでよくある間違った姿勢は、

☑ 背中が丸いまま、スクワットを行う

☑ 腰が丸いまま、スクワットを行う

☑ 股関節を使わずに、スクワット行う

☑ 膝が内側に向いたまま、スクワットを行う

☑ 土踏まずが潰れたまま、スクワットを行う

などの間違った姿勢で行っていることが多いです。

 

スクワットをする上で、綺麗な姿勢を作れることが、正しいフォームでスクワットを行うことに繋がります。

 

正しいフォームであれば、スクワットはOKです

ここまでスクワットの悪い点をお伝えしてきました。

 

下半身痩せのためには、スクワットはいけない種目だと感じられたと思います。

 

しかし、スクワットも上記にあげました【正しいフォーム】【綺麗な姿勢】がクリア出来ておりましたら、実践してもOKです。

 

例えば、正面と横から見た時のスクワットを比較してみましょう。

 

綺麗な姿勢・歪んだ姿勢、一目瞭然です。

 

<正面> 膝が内側に入ってしまった歪んだ姿勢

1

 

<横> 股関節を使わずに膝だけを使ってしまった歪んだ姿勢

2

 

このように、ちょっとしたポイントを知るだけでも、スクワットの下半身痩せを引き出す効果は大きいです。

 

逆に、間違った方法を行ってしまいますと、下半身痩せの効果ではなく、下半身のサイズアップに繋がりますので、ご注意下さい。

 

まとめ

下半身痩せをするためにも、間違ったフォームでのスクワットの実践はやめましょう。

 

下半身痩せを成功させるためにも、正しいフォームでスクワットが出来る準備からスタートしましょう。

 

そのためにも【綺麗な姿勢作り】、ここが下半身痩せのためにも大切です。

 

綺麗な姿勢作りの基本は、お腹の筋肉の活性化からです。

 

メルマガ登録バナー

体験レッスンバナー

====================

脚やせトレーナー 田中俊介

裏ももダイエット®専門
パーソナルトレーニングスタジオ

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102

 052-734-4302
====================

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop