美脚Blog

ふくらはぎ痩せの強敵【むくみ】。どうして夕方からパンパンになるの?

ふくらはぎ痩せの強敵【むくみ】。どうして夕方からパンパンになるの?

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、ふくらはぎの強敵でもある【むくみ】についてご紹介致します。

 

女性にとって、ふくらはぎのむくみは嫌な現象です。

 

さらにむくみが強くなりますと、ふくらはぎはパンパンになってきます。しかも、夕方の時間帯になればなるほど、むくみは強くなります。

 

このように、ふくらはぎのむくみがすぐに起きるのではなく、時間をおいて起きてきます。

 

このように、夕方にふくらはぎのむくみが引き起こる理由があります。

 

ふくらはぎの血行が悪くなっている

ふくらはぎのむくみが引き起こる原因の1つに【血行の悪さ】があります。

 

ふくらはぎには筋肉が付いていますが、筋肉内には血管がありまして、血液が流れています。

 

しかし、ふくらはぎの筋肉に力が入り過ぎてしまうと、ふくらはぎの筋肉内の血行が悪くなってしまいます。

 

その結果、ふくらはぎ周りのむくみとして症状が出てきます。

 

むくみが引き起こる原因は、血行の悪さから引き起こってきます。

 

そのためにも、ふくらはぎの筋肉内の血行を良くしてあげることが、むくみ緩和の第1歩になります。

 

ふくらはぎの筋肉の力が抜けなくなっている

ふくらはぎのむくみが引き起こる原因の1つに【血行の悪さ】がありました。

 

そもそも、血行が悪くなってしまうのは、なぜでしょうか?

 

これはすごくシンプルでして【ふくらはぎの筋肉の力の抜き方が分からなくなっている】からです。

 

筋肉のメカニズムには、筋肉自体が縮んだり・伸びたりする作用があります。

 

筋肉へ力を入れる際の基本動作に、【縮める】という動きがあります。

 

しかし、筋肉がずっと縮み続けますと、筋肉自体にも力が入り続けてしまいます。

 

その結果、ふくらはぎの筋肉の力を抜くことが出来なくなります。

 

ふくらはぎのむくみは、ふくらはぎの力がずっと入り続けていることも原因です。

 

そのためにも、ふくらはぎの筋肉の伸び・縮みを繰り返し行ってあげることが大切です。

 

これが上手に出来ませんと、ふくらはぎのむくみは時間が経つにつれて、引き起こりやすくなりますのでご注意下さい。

 

まとめ

ふくらはぎのむくみが、時間が経つにつれて引き起こる原因&改善点は下記になります。

☑ ふくらはぎの筋肉内の血行が悪くなっている

☑ ふくらはぎの筋肉が縮み続けている

☑ ふくらはぎの筋肉の伸び・縮みのバランスを出してあげることが大切

これらになります。

 

ふくらはぎのむくみはほぐしてあげることも大切ですが、しっかりと伸び・縮みのバランスを促しあげることも大切です。

 

そのためにも、普段から歩く時にふくらはぎの筋肉の伸び・縮みをしっかりと出してあげましょう。

 

この伸び・縮みの動きが出せるようになりますと、ふくらはぎのむくみも緩和されていきます。

 

メルマガ登録バナー

体験レッスンバナー

====================

脚やせトレーナー 田中俊介

裏ももダイエット®専門
パーソナルトレーニングスタジオ

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102

 052-734-4302
====================

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop