美脚Blog

ご存知ですか!?つま先立ちがふくらはぎ痩せに良くない理由

ご存知ですか!?つま先立ちがふくらはぎ痩せに良くない理由

名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。

 

今回は、ふくらはぎ痩せについてご紹介致します。

 

ふくらはぎ痩せについて悩まれている方々は、このようなお悩み項目があります。

☑ ふくらはぎ内側の盛り上がりが気になるのでスッキリしたい

☑ ふくらはぎのシルエットが筋肉質なので変えたい

☑ ふくらはぎのラインが崩れているので、まっすぐにしたい

など、様々なお悩み項目があります。

 

ふくらはぎ痩せというお話が出ますと、必ず出てくるキーワードがあります。

 

それは【つま先立ち】です。

 

ふくらはぎ痩せをしたいので、つま先立ちをたくさん実践されているというお声をたくさん頂きました。

 

つま先立ちは、ふくらはぎ痩せに逆効果ですのでご注意下さい。

 

つま先立ちを実践し過ぎますと、ふくらはぎの筋肉が過剰に付いてしまう可能性もあります。

 

それではふくらはぎ痩せに繋がりませんので、しっかりとふくらはぎ痩せとつま先立ちの関係性を知りまして、実践してあげましょう。

 

ふくらはぎが太くなる理由は、ふくらはぎの使い過ぎ

ふくらはぎ痩せが出来ない理由、それは【ふくらはぎの筋肉の使い過ぎ】です。

 

ふくらはぎ痩せが出来ない方の特徴としまして、ふくらはぎの過剰な使い過ぎが原因です。

 

歩いている時・立っている時・階段の上り下りをする際、とにかくふくらはぎが疲れます。

 

これは、ふくらはぎの筋肉を過剰に使い過ぎてしまっているのが原因です。

 

つまり、ふくらはぎの筋肉の使い過ぎを防ぐことが、ふくらはぎ痩せへの第1歩です。

 

ふくらはぎを使い過ぎたままのつま先立ちはNG

上記では、ふくらはぎの使い過ぎが原因で、ふくらはぎ痩せが出来ないということをお伝えしました。

 

つまり、ふくらはぎを使い過ぎている状態で、さらにふくらはぎへ力が入る【つま先立ち】を実践しますと、どうなると思いますか?

 

皆さんのご想像通り、ふくらはぎは更に力が入ってしまい、ふくらはぎがより太くなってしまいます。

 

これでは本末転倒です、ふくらはぎ痩せのために実践していた【つま先立ち】が逆効果になってしまっていました。

 

そのためにも、ふくらはぎの使い過ぎを防ぐ方法を実践することが大切です。

 

ふくらはぎの使い過ぎを防ぐためには、美しい姿勢作りが大切

つま先立ちは、ふくらはぎの筋肉の過剰な使い過ぎを引き起こすとお伝えしました。

 

これらを防ぐためには、ふくらはぎを使い過ぎてしまっている原因を追求する必要があります。

 

その原因とは【姿勢の歪み】にありました。

 

姿勢の歪みとは、肩甲骨の歪み・背骨の歪み・肋骨の歪み・骨盤の歪み、などが当てはまります。

 

カラダは立ったり・歩いたりする時、常に足元でカラダ全体を支えてくれています。

 

もし姿勢が歪んでしまいますと、カラダ全体の重さがふくらはぎにかかってしまいます。

 

つまり、ふくらはぎの筋肉の過剰な使い過ぎに繋がります。

 

ふくらはぎ痩せのためにも、まずは【美しい姿勢作り】からスタートしてあげましょう。

 

まとめ

ふくらはぎ痩せをする上で、大切なポイントは下記です。

☑ ふくらはぎの過剰な使い過ぎを防ぐ

☑ つま先立ちエクササイズはNG(姿勢改善が出来たらOK)

☑ 美しい姿勢作りから実践してあげる

これらのポイントが大切になります。

 

ふくらはぎ痩せでつま先立ちを実践されていた方は、ぜひこれを機会に内容を見直してあげて下さい。

 

ふくらはぎ痩せのカギは意外な部分にあります。

 

裏ももダイエット5日間
無料メール講座

名前 [姓][必須]
メールアドレス[必須]

※メール受信の関係のため、PCアドレス推奨

 

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop