美脚Blog

脚やせでふくらはぎダイエットが出来ない原因は、足首の筋肉です。

脚やせでふくらはぎダイエットが出来ない原因は、足首の筋肉です。

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて今回の内容は、ふくらはぎを細くする上で大切なコツについてご紹介します。

ふくらはぎのダイエットで、ふくらはぎを細く出来ない理由があります。

まずは、この原因をしっかりと知りましょう。

 

ふくらはぎダイエットが出来ない理由、それは足首の筋肉です。

足首という関節を正しく動かせるようにすることで、ふくらはぎは綺麗に引き締まります。

関節を正しく使えるようにするためにも、足首周りの筋肉を正しく使えるようにする必要があります。

 

実は、足首の関節・筋肉、ここを正しく使える女性の方は非常に少ないです。

非常に少ないということは、それだけでふくらはぎの太さで悩まれている可能性が高いです。

ふくらはぎの太さは、足首の関節・筋肉の動きで全てが決まります。

つまり、正しく使えていなければ、ふくらはぎへ過剰に負担がかかってしまいます。

 

その結果、ふくらはぎの筋肉太りを引き起こす原因になります。

このような事が引き起こらないためにも、足首の関節・筋肉を正しく使えるようにしてあげましょう。

そのためにも、足首の関節・筋肉の使い方のポイントを知っておきましょう。

 

ふくらはぎダイエットで大切な一歩、足首の関節を動かす練習

ふくらはぎ ダイエット

ほとんどの女性の方は、足首が固くなり過ぎてしまっています。

その結果、足首に歪みが発生してしまい、ふくらはぎへ過剰な負担をかけてしまいます。

そのためにも、足首の正しい関節の動かし方を知る必要があります。

 

特に足首の動きで知って頂きたいのは、足首の内側・外側への動きです。

簡単に言いますと、足首を捻挫する時の動作が外側への動きになります。

その逆の足首の動きは、内側になりまして、外反母趾になっている方に多い動きになります。

 

これらの足首の動きは、非常に固くなりますと、どちらか一方へ常に体重が乗るようになります。

そのまま、ふくらはぎのエクササイズを行いましても、ふくらはぎは細くなりません。

なぜなら、偏った状態でのふくらはぎエクササイズになりますので、筋肉の付き方がアンバランスになるからです。

正しく足首の関節が動かせるように練習をしてあげましょう。

 

第2に足首周りの筋肉を使えるようにしましょう

ふくらはぎ ダイエット

足首の関節が動くようになりましたら、足首周りの筋肉を使えるように練習しましょう。

足首周りの筋肉を使えるようにするためには、エクササイズを実践するしか方法がありません。

 

足首の筋肉は、意外に使えていない方が多いです。

足首の筋肉が使えないことで、ふくらはぎの筋肉を過剰に使い過ぎます。

 

しかも、ふくらはぎの筋肉は表面に力が入りやすくなります。

表面にばかり力が入りますと、内面の筋肉へ力が入らなくなります。

その結果、ふくらはぎの筋肉太りを引き起こす大きな原因になります。

ふくらはぎを細くするためにも、足首の筋肉を正しく使えるようにすることは必須項目です。

 

第3に正しい立ち方を知りましょう

ふくらはぎ ダイエット

足首の関節・筋肉の使い方が分かりましたら、それを日常生活動作に適応させましょう。

どれだけ関節・筋肉が使えていましても、日常生活で正しく使えなければ意味がありません。

 

そのためにも、日常生活動作でもある立ち姿勢・歩き姿勢でしっかりと応用出来るように練習しましょう。

応用が出来ないまま、関節・筋肉のエクササイズをだけを実践しましてもダメです。

しっかりと日常生活動作にも合わせましたエクササイズも実践しましょう。

 

ちなみに、スクワットなどのエクササイズは日常生活動作に合わせた種目になります。

なぜなら、スクワット動作をアレンジすることで、片脚スクワットという形にアレンジすることが出来ます。

 

片脚で支えることになりますので、足首への意識が非常に高まります。

足首への意識を高めたまま、スクワット系の動作を行うことで、効果的なエクササイズを実践する事が出来ます。

 

正しい関節・筋肉の使い方が分かりましたら、しっかりと応用出来るように練習しましょう。

意外に応用することを忘れてしまっている女性の方が多いです。

応用が正しく出来ないと、ふくらはぎダイエットがうまく出来ない原因になります。

ぜひここはしっかりと知っておきましょう。

 

足首の関節エクササイズ

【1】足首の関節を動かすために、立ちます。

【2】片足を前に出します。

【3】そのまま、足首を外側へ倒します。

ふくらはぎ ダイエット

【4】続いて、足首を内側へ倒します。

ふくらはぎ ダイエット

【5】片脚が終わりましたら、反対の足首も行います。

【6】回数の目安は片脚20回ずつでOKです。

 

まとめ

ふくらはぎを細くする上で欠かせないこと、それは足首の関節・筋肉の正しい使い方を知ることです。

ここをしっかりと出来るようにすることで、ふくらはぎは着実に細くすることが出来ます。

逆にこれらの項目を無視してしまいますと、ふくらはぎの筋肉を太くしてしまう原因になります。

 

脚には【必ず細くなる理由】【細くならない理由】が存在します。

特に脚やせで大切なのは、脚が細くならない理由を知る事が大切です。

理由が分からないまま、脚やせエクササイズを行いますと、ふくらはぎをより太くしてしまう原因にもなります。

 

そのためにも、ふくらはぎを細く出来ない理由を知りまして、ふくらはぎを細く出来る理由をどんどん実践してあげましょう。

それがふくらはぎを細くするための1番の近道です。

ふくらはぎダイエット成功のためにも、足首の使い方はぜひマスターしてあげましょう。

 

====================
パーソナルトレーナー
脚やせトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop