美脚Blog

下半身デブを解消して、太ももダイエットしましょう!

下半身デブを解消して、太ももダイエットしましょう!

皆さんこんにちは。

名古屋の脚やせトレーナー田中俊介です。

 

さて今回は、下半身デブを解消しまして、太ももダイエットする方法をご紹介します。

まず下半身デブでは、たくさんの悩む項目が出てきます。

本当に嫌な項目がたくさん出てくると思います。

 

◆細いパンツを履くことが出来ない

◆ウエストと太もものサイズが合わない

◆スカートを履くことが出来ない

◆脚を露出するファッションが出来ない

◆足裏の皮膚が固くなる

◆足指の先にマメが出来る

◆すごくむくみやすくなる

◆冷え性がひどい

などなど、たくさんの悩まれている項目があると思います。

これらの項目は下半身デブになりますと、引き起こりやすくなります。

 

そもそも下半身デブとはどういう状態になるのでしょうか?

これは下半身の脂肪が過剰に多い状態になります。さらに、脚の筋肉も過剰に発達している状態になります。

このような場合、まずは何から行えば良いのでしょうか?

これには様々な方法があります。

 

表面の筋肉の緊張を解消する

 

下半身デブ

まず筋肉が過剰に発達してしまっているという原因がありますので、表面の筋肉が非常に強い可能性が高いです。

そのため、表面の筋肉を緊張をとることが必須になります。

表面の筋肉とは、太もも表・外の筋肉がメインになります。

 

これらの表面の筋肉を使い過ぎますと、血行不良が引き起こりましてむくみやすくなります。

むくみやすくなりましたら、つま先まで血液や酸素が行き渡りませんので、冷え性を引き起こす原因にも繋がります。

このような症状を防ぐためにも、表面の筋肉の緊張をしっかりと解消してあげます。

これらの症状を防ぐことで、太ももダイエット成功に近づきます。

 

内面の筋肉(インナーマッスル)を鍛える

 

下半身デブ

表面の筋肉へ力が入り過ぎますと、内面の筋肉であるインナーマッスルが弱くなります。

その結果、表面の筋肉の過剰な発達に繋がります。

これらを防ぐためにも、しっかりとインナーマッスルを使えるようにエクササイズを行う必要があります。

 

そのためにも、お腹・お尻・内もも・裏もも・足首周りの筋肉を正しく使えるようにエクササイズを行う必要があります。

これらの筋肉はインナーマッスルの仲間に入ります。

 

これらのインナーマッスルが使えなければ、筋肉はゆるんでしまい脂肪になります。

つまり、脂肪の過剰な増加に繋がります。

 

このような症状を防ぐためにも、インナーマッスルを正しく使えるようにしてあげる必要があります。

インナーマッスルが正しく使えるようになりますと、本当に身体の変化は大きいです。

身体のシルエットの変化や姿勢の変化は確実に出てきます。

その結果、太ももダイエットで下半身デブを解消出来ます。

 

食生活の偏り(糖質・塩分の摂り過ぎの可能性あり)

 

下半身デブ

下半身デブになってしまう場合の要素の1つに、食生活の偏りも考えられます。

特に、糖質・塩分の摂り過ぎの可能性は高いです。

糖質は甘いお菓子、米・麺類などを指します。

 

これらの量を過剰に摂り過ぎている可能性が高いです。

例えば、お米は大盛りにて注文している、麺類ではラーメン・うどんなどを食べている、などが考えられます。

 

次に塩分です、塩分は基本的に甘いお菓子に多く含まれる傾向があります。

下半身のむくみなどを引き起こしている方は、お菓子を普段から食べ過ぎている可能性が高いです。

空き時間にお菓子を食べたり、おやつの時間に食べたり、夕食後に食べたり、など様々な状況でお菓子を食べていることが考えられます。

糖質・塩分を摂り過ぎますと、身体は非常にむくみやすくなります。

 

つまり、血行不良を引き起こしている可能性があります。

このような状態のまま、運動を行わずに日常生活を送っておりましたら、どのような体型になるかは予想出来ます。

下半身デブの解消の際には、食生活の見直しも必要な項目の1つになります。

 

まとめ

下半身デブの解消方法は、表面の筋肉の使い過ぎを減らすこと。

そして、内面の筋肉でもあるインナーマッスルを鍛えてあげること。

インナーマッスルが正しく使えるようになることで、表面の筋肉の発達が落ち着いてきます。

 

その結果、筋の過剰発達を解消することが出来ます。

そのためにも、インナーマッスルのエクササイズは必須項目です。

 

そして、食事管理になります。

下半身が過剰に太くなってしまっている場合は、食生活に原因がある可能性が高いです。

それは糖質・塩分の摂り過ぎがメインになります。

これらの摂り過ぎは、脚のむくみを引き起こしまして、冷え性に繋がります。

そのためにも、食事管理は非常に大切になります。

 

これらの運動・食事管理が、下半身デブ解消の際には大切になります。

特に、食事管理は実践することが難しい内容になります。

実際に、ここがうまくコントロールが出来なくて苦しんでいる女性の方々を見たことがあります。

 

そこで私のオススメは、間食の置き換えになります。

食事コントロールが出来ない方の傾向としまして、間食がうまくコントロール出来ません。

そのため、間食をカロリーゼロのお菓子・ゼリーにしたり、カカオの量が多いチョコレートを食べるなどの置き換えをしてあげますと、間食をなしにせずに食事管理をすることが出来ます。

 

ぜひこのように少しずつでもOKです、ご自身の運動習慣・食事管理に工夫を加えてみて下さい。

まずは、改善への第1歩を実践するかどうかが太ももダイエットに大きく繋がります。

 

====================
パーソナルトレーナー
脚やせトレーナー
田中俊介

脚やせ専門プライベートスタジオ
パーソナルトレーニング【裏ももダイエット】

〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池3-13-5
第27プロスパー今池102
 
052-734-4302

脚やせ専門プライベートスタジオは
栄、金山、千種、吹上」からも
お越し頂いております。
====================

私が記事を書きました。
田中 俊介
田中 俊介
これまで、脚やせトレーナーとして150人以上の脚やせを実現してきました。 さまざまなダイエットに挑戦し、結果が出なかったお客様でも絶対にあきらめません。 脚やせ専門家の最後の砦として、成果を出していきます。

関連記事

  • 20170209 太ももに隙間が出来ない理由

    太ももの隙間が出来ない理由、それはあなたの●●が原因です。

    名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。 今回は、太ももの隙間が出来ない理由についてご紹介致します。 下半身痩せについてのお悩みはたくさんあります。 その中の1つに【太もも痩…

  • 20170205 あなたの太ももは何太りですか

    あなたの太ももは何太りですか?

    名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。 今回は、太ももの太り方についての内容をご紹介致します。 下半身痩せの中でも【太もも痩せ】に関するご相談は一番多いです。 太ももは、パ…

  • 脚やせ ダイエット 運動

    太ももの隙間は作ることが出来るの?出来ないの?

    名古屋の裏ももダイエット®専門トレーナーの田中俊介です。 今回は、脚の隙間についての内容をご紹介致します。 下半身痩せで悩まれている項目の1つに【脚の歪み】があります。 脚の歪みとは、O脚・…

体験予約

体験予約

PageTop

PageTop